メイドインジャパンへのこだわりをもつイオンスポーツについて

イオンスポーツは、1990年9月に設立されたゴルフ用品を取り扱うメーカーです。
設立以来の実績に突いてみていくと、1994年には日本初となる「タイトネックシャフト」のフェアラインチタンドライバーの開発を行っています。
また、1995年には汗吸収パットである「アセステ」を開発、2000年には三重県にてゴルフ練習場であるピコットの経営をはじめます。

その他、日本初アーメットフェイスのドライバー「フェアラインα305」の発売などをします。
そして、2005年にゴルフクラブ「GIGA XF400」がグランプリ受賞します。

そこから、ゴルフクラブ「GIGA」シリーズの開発を本格的にはじめます。
GIGAのブランドはその後、数々の受賞歴および、使用プロの優勝などの実績をつみます。

2009年には代官山にてZEROFITファッションショー開催を開催するなど、新たな取組を初めています。
メーカーの理念としては、大量生産を目的としないこと、「こだわりのモノづくり」などがあります。

メイドインジャパンにこだわり、良質の製品を世界に広めていくことを目標に掲げています。
2010年においてブランド統一のため、かつてのジャスコ名称の店舗について、そのすべてをイオンスポーツクラブに変更しました。

当メーカーのクラブのうち、GIGA HS787 ドライバーATTAS4U6について紹介します。
商品の特徴としては、高弾性シリコンチタンフェースドライバーとなっています。

まずは、高い反発力による飛距離アップができます。
新素材である次世代チタン「Ti72211S」をフェースに採用しており、高い反発力による脅威的な飛距離UPが実現されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ