先進技術をもつユーティリティクラブを扱うアダムスについて

アダムスゴルフは、1987年において、バーニー・アダムスによって設立された、米国テキサス州西部にて設立されたゴルフ用品メーカーです。
当メーカーは、1996年に発表された「タイトライズ」フェアウェイウッドの販売によって大きな成功を収めました。
それから後も、様々な賞を勝ち取ったクラブを世に送り出しています。
特に、先進的でありながら、幅広いスキルレベルのゴルファーにとって扱いやすいゴルフクラブを中心として、製品の開発を続けてきました。

当メーカーのクラブはまた、米国PGAツアーにおける、ハイブリッドクラブの使用率第1位を誇っています。
2012年にはアディダスグループの一員となりました。

アダムスゴルフの商品として、例えばここではIDEA スーパー LS ハイブリッドを紹介しましょう。
こちらは、クラウンとフェースは、ユーティリティクラブでは珍しいチタン素材を採用しています。

また、ソールに設けられた溝は、フェースの反発力を向上させるのに一役買っています。
このために、ドライバー同等のボール初速に加え、ミスヒットの確率を下げる効果をもたらしています。

クラウン部の溝については、スピン量を増やすことなく、ボールの打ち出し角を高くすることを実現しています。
実際にプレーした際の感想を見ると、上級者が満足できるフェイスに加え、弾道の強さを併せ持っているクラブとなっています。

また、左に飛びすぎるなどの心配もなく、安定性に優れているクラブであることがわかります。
全体を総括しての長所を見ると、まず球の上がり方とスピン量が最適となっています。

また、チタンならではの打音と弾き感を有しており、打感が非常に心地よくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ