カップを目指す最後の一打を打つ、パターの選択肢とは

グリーンの上で、カップを狙うための相棒がパターですが、いろいろな形状や選ぶ基準があります。
特にパッティングはフィーリングや打感など人によって重視するものが違うので、それぞれに合わせたパターを選ばなければ、最後の一打に影響を与えてしまいます。
パターの選択基準で最初にくるものはヘッドの大きさでしょう。

特に飛ばす道具ではありませんが、大型にすることによってスイートスポットが広がり、ストローク中のぶれが酸くなるなどのメリットがあります。
反面、操作性が難しくなり、繊細なタッチが出しにくくなってしまいます。

次に、カタチとしてはピン型、L字型、マレットタイプなどありますが、これはスタンスのときのボールの視認性や、打感に大きく影響してきます。

そして打感に最も影響を与えるのがフェースの硬さです。
柔らかいフェースならば十分にインパクトのときのフィーリングを感じることができます。

硬いものは弾きやすく、直進性は高いのですが、それが災いしてオーバーしてしまう危険性もあります。
また、中にはセンターシャフト型というものもあって、シャフトがヘッドの真ん中についています。

これは引っ掛けにくいという特徴があります。
そしてグリップにも違いがあり、細かったり太かったりします。

このように、さまざまな要素の中から自分に合った一つを見つけることが大切です。

そして、あまりコロコロ変えてしまうと、大切な場面で不慣れなアイテムを使うことになるので、決めた一本ができたら、あまり換えない方が無難でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ