視覚情報も重要になるパターでは、ネック選びも重要

ゴルフクラブはヘッドとシャフトに分かれていて、その接続部分をネックと言います。
接続するアイテムを指してソケットと呼ばれることもあります。
特に繊細な、操作が要求されるパターではさまざまネックの形状があって、それが視覚的にも機能的にも、パッティングに大きな影響を与えます。
この形状で、スタンスから見た視覚的情報が変わってくることから、プレーヤーによってかなり好みが分かれます。

カギ型は最もスタンダードなカタチになっていて、人気があります。
また、2000年前後にタイガー・ウッズが使用していたことから一躍ブレイクをした、スラントネック型もあります。

カギ型に近いカタチをしていますが、カギ型がストレートから直角に曲がって、また下におりるカタチに比べて、緩やかなカーブになっているので、ごちゃごちゃしない視覚情報を得ることができます。

アドレスをスッキリさせたいのなら、この形状がオススメです。
その他、ヘッドの中央にシャフトがついているセンターシャフト型というのもあります。

こちらはヘッドが左右にぶれやすくなっているので、自信がなければ使用はオススメしませんが、スイートスポットに当てるのが苦にならないゴルファーには非常に安定したパターに早変わりする、上級者向けのアイテムといえるでしょう。

また、カギ型を長くしたタイプもあり、こちらは視覚が混雑しないということもあり、重宝しますが、ヘッドの性能が大きく出てしまうので、使いこなすには注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ