シャフトのしなりやすさを数値化した、トルク

トルクはシャフトに関しての数値で、この数値が大きければ、それだけシャフトがねじれやすくなります。
つまり、ちょっとした力で曲がりやすくなってしまうということです。
一般的にはしなりとも言われていますが、トルクが大きければそれだけスイングのときにしなって大きな力を生み出します。

ただし、しなるということはそれだけインパクトのときに、ヘッドがぶれてしまうということでもあり、あまりにも大きいシャフトを選ぶと、意図しない場所を打ってしまうことにもなりかねません。

ただし、適度なトルクは、ヘッドを安定させる効果も持っています。
なぜならば、まったくしならないシャフトだと、ちょっとしたスイングの乱れが、そのままヘッドに影響を及ぼしてしまうからです。

スイング軌道が安定していないならば、大きいものの方が良いのですが、あまりにも大きいと前述の理由で、まったく打てなくなってしまいます。

だから、自分のヘッドスピードがそれほど速くなければ、大きくても問題はありません。

つまりゴルファーのスイングスピードによって適正の値は変わってきますので、試打をして見極める必要があります。
ただし、これ以上に、重さや固さを重視してシャフトを選ぶ方が、自分にあったものを見つけやすくなります。

プロゴルファーは比較的小さなものを使っていて、手元の動きによってボールの弾道をコントロールしています。

コントロール性をあげたければ、小さなものを選ぶ方が良いということになりますが、アマチュアでここまでの操作は難しいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ