扱いが難しいが、更なる飛距離を実現する長尺ドライバー

ドライバーの中で、特にシャフトが長いものを長尺ドライバーと呼びます。
シャフトを長くすることによって、より大きな遠心力が生まれ、ヘッドスピードも速くなりますが、それがインパクト時の力となり、より飛ばすことができるようになるのです。
ただし、いつも上手くいくとは限らず、長尺ドライバーにしても、飛距離が伸びないということもあります。

その理由はいくつか考えられ、まずはシャフトを長くしたことによって、フェースの芯で捉えることができなくなっていた、ということです。

多少インパクトの力が上がったとしても、スイートスポットに当たっていなければ意味がありません。
こればかりは、練習で改善するしかないでしょう。

そしてもう一つは、長尺ドライバー選びを変えることで回避できます。

なぜなら、こういった製品の中にはシャフトを長くしたために、ヘッドを軽くして扱いやすくしている製品もあり、当然軽いヘッドでは、打ち出す力が弱くなってしまいますので、ドライバーを変えるときに、ヘッドの重さに気をつけて、今と変わらないサイズを選ぶことで、避けることができます。

ただし、ヘッドスピードが上がる代わりに、ミスショットのサイドスピンのかかり方も増加し、長いシャフトのために振り遅れのリスクもあります。
扱いきれれば飛ばすのに最適なのですが、慣れるまでは厄介な存在です。

どうしても飛距離が欲しい人であれば、なんとしてもマスターしたいアイテムです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ