グリップ抜群、足下の強い味方ソフトスパイク

ゴルフコースに出るためには、専用のシューズが必要になり、それを履かなければ、コースに出ることはできません。
ただし、その場で初めて履くというのはナンセンスですので、練習から履いておかなければ、違和感でプレーが崩れてしまいます。
そして、その靴の一つのジャンルがソフトスパイクです。
スパイクと言っても金属製ではなく、樹脂製のものになっており、グリーンの環境を保護する役割を果たします。

また、スパイク部分を交換することもできますので、長く使うことが可能です。
この利点はグリップ力に優れているということで、スイングの安定にも繋がります。

またスパイクレスと言う、普通の運動靴のようなタイプも販売されていますが、普段の靴とあまり違和感がない代わりに、グリップがやや劣るために、ゴルフにはそれほど向いていないというのが現状です。

しかし、人気があるので、各社がこぞってグリップ性を上げた製品を開発しています。
そのため、これからの主流になると予想されています。

実際のプレーでは、スタンス時の足下のグリップ力というのは、心強い味方になりますし、足下がぐらついていては、ショットに影響が出てしまいます。

現状のスパイクレスはあまりグリップ力がないので、しっかりと足下を支えるためには、ソフトスパイクは不可欠です。

もちろん、足下のオシャレでモチベーションも変わりますから、こだわりが強ければ、グリップに関係なく好きなシューズという選択肢もありです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ