操作しやすくヘッド性能を引き出す、ストレートネック

ストレートネックは、グースネックと比較される言葉で、クラブヘッドがどの位置についているか、ということを表す言葉です。
クラブをシャフトから前方に突き出したとき、ヘッドの位置がシャフトからまっすぐ出ているのがストレートネックで、やや左位置に曲がっているのがグースネックです。
一般的には、グースネックの方が扱いやすくなっているので、好まれる傾向がありますが、持っているクラブがストレートであったとしても、まだまだその活躍の幅はあると言えるでしょう。

なぜなら、プロはクラブ性能を最大限に引き出しているので、捕まり過ぎを嫌ってストレートにする必要もあります。
そしてなによりも、操作性が良いと言うことが特徴です。

ドローやフェードの打ち分けをしなければいけない場面では、圧倒的にストレートに軍配が上がります。

ヘッドの性能が全面に現われることになるので、その性能をフルに使うためには、ストレートであるということが前提となるのです。

だからといって、慣れない人が突然切り替えると、痛い目を見ることもあるので注意しましょう。
グースネックには、スライスを抑えてくれる作用もあるので、そのまま切り替えてしまうとスライスが出てしまって困ることになります。

クラブを変えたあとは必ず練習をして、打ち方を変えることを意識しなければ、いつまでたっても慣れることはできません。

同じクラブであっても、ネックのタイプが違っていたら、感覚が別物になるということを意識してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ