規制されるほどにバックスピンを制御する、スコアライン

スコアラインはフェースに刻まれている「溝」のことです。
バックスピンをかけるときに大きく役立ちますが、特にバックスピンの必要もないドライバーなどにも刻まれています。
まずドライバーのスコアラインは、その溝に引っ掛けてインパクトをしやすくしたり、より飛ばすためというわけではありません。

一般的に、雨やホコリなどをヘッド面から排出して、インパクトの邪魔をしないためにつけられています。
そのために、これがないドライバーもあります。

しかし、アイアンやその他のクラブでは明確な役割があり、適度にスピンをかけるためにつけられているため、この溝がプレーに大きく影響してきます。

だからこそ、ウッドとパター以外のクラブに関しては、2010年に規制がかかってしまいました。
VグルーブとUグルーブと言う、それぞれ溝の掘り方があるのですが、Vは名前の通り鋭角に掘ったもので、Uは台形のように掘られます。

規制によって2010年からプロのトーナメントでは、ロフトが25度以上のクラブでUグルーブが使用禁止になリました。
プロツアーでさえも禁止にしてしまうほど、性能差が表れるものだったのです。

ただし、これはプロに限ってのことで、一般的なアマチュアゴルファーに関しては、今のところ規制される方針はありません。

ですから過去のクラブであっても問題なく使うことができますが、溝が劣化して性能が落ちている可能性が高いので、あまりに摩耗しているならば買い換えた方が得策でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ