短いながらも初心者に向いている、シャローフェース

シャローフェースは、クラブのフェース面縦方向の距離のことで、クラブヘッドを正面から見たときに、一番下の辺から、一番上の辺までの距離になります。
そして、その距離が短ければシャローフェースと呼ばれ、逆にその距離が大きければ、ディープフェースと呼ばれます。
これは、ボールを打ったときの特性に関係します。

まず、距離が短い方ですが、これは見た目からも分かるように重心が低めになっていますので、ボールを高くあげるのに向いていますが、上下が短い分、ミスショットを作ってしまう可能性が出てきてしまいます。

その代わりに、インパクトが多少左右にずれたとしてもミスにならないという特性もあります。
逆にディープフェースの方ですが、スピンなどをかけにくく、それがアドバンテージとなってまっすぐなボールを打ちやすくなります。

ただし、ボール自体は上がりにくく、直進性の高い球になり、その特性から、力があるプレーヤーに向いています。
そして、初心者に向いているのが、シャローフェースということになるでしょう。

こういった判断基準ですが、一般的に数値で分類されることはありませんので、今使っているクラブを基準にして、比較するということが、その判断基準になります。

初心者がクラブを探すときに、フェースが大きい方がインパクトしやすいと思って選んでしまいますが、それは間違いですから、注意してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ