クラブフェースを意識して打つことが、正しいスイングへの近道

クラブフェースを上手に扱うことと、正確な言葉の意味を知ることは、正しいスイングのための第一歩です。
クラブフェースが開くという言い方をよくしますが、これはクラブを構えて右回転させると、外側にフェースが向いている状態を指し、逆の状態をかぶせると言います。
これはちょっとした手首の動きで再現できることから、スイングしていても、当然ですがこのような状態になります。

ですから、意識してフェース面を正しい位置にしてからインパクトをすれば、ストレートに球を打ち出すことができるのです。

しかし開いている状態がすべて悪いというわけではなく、高めでふわっとしたボールを打つのならば、ある程度の開きは必要になってきます。

テクニックとしては間違いなく必要なのですが、開きすぎてしまったらそれはミスショットになってしまうでしょう。

一般的に、フェースが閉じるのはあまり良くないとされていて、元々クラブの特性として開き気味であることからも考えて、あまり利はないと言えます。

一部のゴルフ雑誌やコーチなどが、閉じたときの特性も利用することがありますが、一般的ではありません。

また、クラブヘッドの大きさによっても分けて考えられることがあり、深い、浅い、または高いなどは、その厚みによって分けられます。

そして、スイング中の手首の動きを常に意識して、インパクトのときのフェースを調整するということが、正しいスイングのための重要なポイントとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クラブ・用品

このページの先頭へ