王純選手は2004年よりクォリファイングトーナメントに出場した

様々なスポーツで好成績を残している中国ですが、ゴルフの面ではやや遅れを取っています。
しかし中国出身のプロゴルファーは多く、日本では2007年のクォリファイングトーナメントに中国出身の女子プロゴルファー二人が参戦しました。
そのうちの一人が王純選手であり、1978年生まれ、中国の北京出身の女子プロゴルファーです。

「王純選手は2004年よりクォリファイングトーナメントに出場した」の続きを読む

カテゴリー:プロゴルファー

70年から80年代の米女子ゴルフ界を代表するナンシー・ロペスさん

アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の女子プロゴルファーでもあるナンシー・ロペスさんは、わずか12歳の時にニューメキシコ女子アマチュア選手権に参加をしており、見事に優勝をしています。
さらに1972年15歳の時と、1974年17歳の時にも全米女子ジュニアアマチュアゴルフ選手権で優勝しました。
こうして、数々のアマチュア選手権に参加をして優秀な成績を残しています。

「70年から80年代の米女子ゴルフ界を代表するナンシー・ロペスさん」の続きを読む

カテゴリー:プロゴルファー

台湾出身であり、2008年にレギュラーツアーで単独4位を記録した呂雅惠選手

呂雅惠選手は1975年生まれ、台湾出身の女子プロゴルファーです。
1991年、16歳の頃からゴルフを始めており、台湾の達徳商工卒業が最終学歴となっています。
しかし、その後の詳しいプロフィールは不明であり、日本でツアーに参戦するまでの経緯や、日本に来るまでの実績は分かっていません。

「台湾出身であり、2008年にレギュラーツアーで単独4位を記録した呂雅惠選手」の続きを読む

カテゴリー:プロゴルファー

兄と共に日本のツアーに参戦している林慶珉選手

韓国から日本の試合に参戦する方は男女問わず多いものの、兄妹そろって日本で活動しているというケースはあまりありません。
そんな中、韓国出身で、日本で活動をしている兄妹が兄であり男子のツアーに参戦している林承彦選手と、妹の林慶珉選手です。
兄の林承彦選手は、2013年にトーナメントへの出場権をかけたクォリファイングトーナメントで25位を記録し、男子ツアーに出場しています。

「兄と共に日本のツアーに参戦している林慶珉選手」の続きを読む

カテゴリー:プロゴルファー

リー・ウェンリン選手は1996年のダイキンオーキッドレディスを制した

李ウェン琳と表記されていることもある、リー・ウェンリン選手は台湾省基隆市の女子プロゴルファーです。
1990年代にかけて日本で活躍した選手ではありますが、既に日本女子プロゴルフ協会の会員ではないのか、プロフィールが削除されています。
1965年生まれであり、中興高中卒業が最終学歴なので、この時期にはまだ台湾で生活を行っていたようです。

「リー・ウェンリン選手は1996年のダイキンオーキッドレディスを制した」の続きを読む

カテゴリー:プロゴルファー

日本ツアー8年目にして初優勝を果たしたリ・エスドさん

リ・エスドさんは、2004年にプロデビューをしている韓国の女子プロゴルファーです。
2002年16歳の時には、高校日韓対抗戦の韓国アマチュア代表チームの一員として来日しており、その時には宮里藍さんや横峯さくらさんを抑えての、団体と個人共に2冠を制したという経歴を持った実力者でもあります。

「日本ツアー8年目にして初優勝を果たしたリ・エスドさん」の続きを読む

カテゴリー:プロゴルファー

全米女子オープンゴルフにアマチュア選手で最初に優勝したカトリーヌ・ラコストさん

フランス出身の女子ゴルファー・カトリーヌ・ラコストさんの母親シモーヌ・ティオン・ド・ラ・ショームさんも、フランス女子ゴルフ界草創期の偉大なチャンピオンとして有名な方になります。
一方、父親ジャン・ルネ・ラコストさんも著名なテニスプレイヤーですが、それよりも世界的に有名なのは、ワニのマークで知られているあのラコステの創業者でもあります。

「全米女子オープンゴルフにアマチュア選手で最初に優勝したカトリーヌ・ラコストさん」の続きを読む

カテゴリー:プロゴルファー

マレーシア出身であり、1998年に日本でプロとなったアイリーン・ヨウ選手

マレーシアは、アジアでも屈指のゴルフが盛んな国です。
マレーシアオープン、LPGAマレーシアという有名なトーナメントもありますが、マレーシア出身のゴルファーの数は少なめとなっています。
アイリーン・ヨウ選手は、マレーシア出身でありながら、日本の試合にも参戦した女子プロゴルファーです。

「マレーシア出身であり、1998年に日本でプロとなったアイリーン・ヨウ選手」の続きを読む

カテゴリー:プロゴルファー

余珮琳選手は台湾出身であり、TPDを使って日本でプレーしている

日本女子プロゴルフ協会は2000年頃から制度の大幅な見直しを行っており、その一つが日本女子プロゴルフ協会TPD非会員登録制度です。
この制度により、日本女子プロゴルフ協会の会員でなくてもツアーに参加しやすくなり、外国人やアマチュアの出場が増えました。
台湾出身の余珮琳選手も一年単位でTPDに登録する制度を使って、日本のツアーに参戦しています。

「余珮琳選手は台湾出身であり、TPDを使って日本でプレーしている」の続きを読む

カテゴリー:プロゴルファー

韓国ツアーで活躍しており、2014年に初勝利を上げたユン・チェヨン選手

ユン・チェヨン選手は韓国出身であり、主に韓国のツアーに参戦しているのが特徴です。
1987年生まれであり、2005年には韓国のKLPGAに入会しているものの、ゴルフを始めた年齢などは不明となっています。
2006年のシーズンはトーナメントの最高順位は9位であり、予選落ちは2試合だけと安定した活躍を見せ、この年の賞金ランキングは54位です。

「韓国ツアーで活躍しており、2014年に初勝利を上げたユン・チェヨン選手」の続きを読む

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ