ワンピースボールによるゴルフの練習とボールの価格

ワンピースボールとはゴルフの練習で使われるボールの種類で、合成ゴムだけで作られているモデルのことです。
その特徴としては、合成ゴムで構成されていることからコストが安い点が挙げられます。
また、低価格で入手可能な一方で飛距離が伸びないので、ゴルフ場で使うことには不向きと言えます。
そのため、町中のゴルフ練習場などで使われる練習用として利用されています。

「ワンピースボールによるゴルフの練習とボールの価格」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

1打目でグリーンに乗るワンオンを狙うことでのハイスコア

ワンオンとは、1打目でグリーンに乗ることを言います。
ちなみにゴルフにおいての「グリーン」とは何を指すのかと言うと、カップ周辺のきめ細やかに整えられた芝のエリアのことを言います。
ゴルフはいかに少ない打数でカップにボールを落とすのかを競うので、早い段階でカップ周辺を目指さなければいけません。

「1打目でグリーンに乗るワンオンを狙うことでのハイスコア」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

ワンラウンドで行われるゴルフの試合とは何か

ゴルフにおけるワンラウンドとは、18ホールをプレーすることを言います。
通常の場合は、1日で18ホールをプレーすることになり、1から9ホールまでをフロントナイン、10から18までをバックナインと呼ばれています。
この18ホールをプレーした成績を基に、順位を決定することになるのです。

「ワンラウンドで行われるゴルフの試合とは何か」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

ワッグルによるショットを打つ前の素振りの必要性

ワッグルとは、ゴルフにおける素振りの事です。
ゴルフ場でプレーを行う際には、ボールの前で簡単な素振りを行います。
アドレスと呼ばれるゴルフボールを打つ構えをとり、どのような力加減で、どの方向性で打つのか頭の中でイメージをしながら素振りを行います。
これによって、スイングを行う感覚を掴むことができるので、それをプレーに活かしてスーパーショットを生むことも可能で、スコアを伸ばすこともできます。

「ワッグルによるショットを打つ前の素振りの必要性」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

ロングサムとショートサムによるグリップの握り方の違い

ゴルフクラブの持ち方の一つにロングサムがあります。
これは右利きにおける左手のグリップの持ち方であり、左手親指をシャフトに沿って長く伸ばす感じで持つことになります。
これにより、違和感のある持ち方になりますが、飛距離アップを目指すことが可能です。

「ロングサムとショートサムによるグリップの握り方の違い」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

ロフト角による飛距離が変化する数値の違い

ロフト角とは、ゴルフクラブにおける数値の事で飛距離を決定する要素になります。
一般的には、この数値が小さければ小さいほど飛距離を伸ばすことが可能です。
しかし、スプーン、ドライバー、ロングアイアンなどの数値が大きければ、ヘッドスピードが遅いプレイヤーの場合でも飛距離を伸ばすことができます。

「ロフト角による飛距離が変化する数値の違い」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

レギュラーティのポジション選択によるハンディ

ゴルフコースにおいて最初にボールを打ち出すエリアのことをティグラウンドと呼んでおり、一般的に男性プレイヤーが打ち出す場所のことをレギュラーティと呼んでいます。
同じコースで様々なプレイヤーが競技を行うので、体力差やプロなどが平等にプレーを行うために、ハンデとして様々なティグラウンドが用意されています。

「レギュラーティのポジション選択によるハンディ」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

レイトヒットによるインパクトのあるスイング

レイトヒットとは、ゴルフのスイングにおいて、振り遅れという意味がある打ち方になります。
通常のスイングの場合には、左腕とゴルフクラブを直線になるように構えているので、ボールを打つ際にはボール上でグリップとクラブヘッドが直線上の位置に来ています。
しかし、レイトヒットの場合にはボールを打つ際にボール上で先にグリップが来るので、クラブヘッドは遅れている状態になるのです。

「レイトヒットによるインパクトのあるスイング」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

ループスイングによるゴルフスイングの不安定

ループスイングとは、ゴルフクラブで8の字を描くようにスイングを行うことで、アマチュアのゴルファーなどに多く見られるスイング方法になります。
これによってパワーロスになる部分が多くなってしまい、バランスが崩れ、ゴルフスイングの基礎が完全に壊れた状態です。

「ループスイングによるゴルフスイングの不安定」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

リンクスコースによる特徴と自然が生み出したバンカー

リンクスコースとは海岸沿いに設置されたゴルフコースであり、元々はスコットランドにある海岸に設置されていました。
海岸にあることから耕作に適さない土地であり、海岸沿いからの強風などの影響で植物が育ちにくいエリアと言えます。

「リンクスコースによる特徴と自然が生み出したバンカー」の続きを読む

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ