ルール

パッティンググリーンについての理解を深めてみよう

パッティンググリーンとは、コースでいえばグリーンのことを指します。 きれいに整えられた芝で、ゴルフ場で使用されるパッティンググリーン用の芝は、目が細かい高麗芝などが用いられる場合が多いです。 グリーンがきれいに整備されていないと、プレーがと...
ルール

少し複雑なルールがある「暫定球」とはなんのこと?

暫定球とは、打った球がOBになったか紛失球になったかわからない場合に、暫定的にもう1回打つ球のことをいいます。 この場合、これからこの球を打つということを同伴競技者に宣言しなければなりません。 打ったあと、先に打った球がOBや紛失球ではなか...
ルール

なるべくもらいたくない「罰打」について理解しよう

罰打とはペナルティのことをいいます。 ゴルフで定められているルールに応じてペナルティが決められており、失敗してしまったときなどにペナルティが課せられます。 失格を除いてはワンペナルティとツーペナルティが定められているケースがほとんどですので...
スポンサーリンク
ルール

同伴競技者とは別の意味がある「パートナー」について

パートナーとは、フォアボールやフォアサムなど、2人1組でプレーを行うケースにおいての、自分と同じチームのプレーヤーを指します。 ちなみに2人でコースを回ったときの同伴競技者においては、競技を行う敵にあたりますので、パートナーではありません。...
ルール

スコアにも関係する!?プレーの上で把握しておきたい「局外者」とは

局外者とは、マッチプレー形式の場合はプレーに関与していない人、ストロークプレーの場合は競技を行っていない人、もしくはオブザーバーの人、その他フォアキャディーや審判員の人のことを表します。 プレーに関係していない人と括ることができるかと思いま...
ルール

なるべく出したくない!「アウトオブバウンズ」について

アウトオブバウンズとは、ゴルフをなさる方ならみなさん一度は聞いたことのある「OB」のことです。 ショット後コース外にボールが出てしまうことをアウトオブバウンズといいます。 OBが出てしまった場合は、ワンペナルティを課した後に元の場所からプレ...
ルール

プレーの妨げとなる「障害物」について理解しよう

障害物とは、ゴルフ場において、人工的につくられたものすべてのことを表します。 売店だったり、電柱だったり、カート道もこれにあたります。 ただし、OBエリアにある動かせない物件においては、コースの妨げになるものではないのでこれにあたりません。...
ルール

審査のお手伝いをしてくれる「オブザーバー」とは?

オブザーバーとは、審査員のアシスタント的な存在で、反則があったときに審判に報告することなどを行う人をいいます。 ほかに、「傍観者」という意味もあり、コンペなどの試合には参加するけれど、順位付けには参加しない、という人も同様に呼ばれます。 ま...
ルール

救済のニヤレストポイントについて理解していますか?

救済のニヤレストポイントとは、ショット後静止した球が、スイングできないような場所にあるときに救済する際のポイントのことをいいます。 救済のニヤレストポイントの定め方は、その場所からの距離がホールに近づいてしまうことがなく、障害を避けるための...
ルール

細かいルールが定められている「球が動く」ことについて

「球が動く」とは、打った球が落ちて安定したあとに、ボールが動いてしまった状態をいいます。 揺れていても最終的に球が移動しなければ、動いたとはみなされないのですが、これにはかなり細かなルールが定められていて、正しく判断するにはかなりの知識が必...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました