ニューヨーク州にあるシネコックヒルズ・ゴルフクラブから18ホールのコースが誕生

シネコックヒルズ・ゴルフクラブはアメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランドのサウサンプトンにある歴史ある名門コースです。
その歴史はとても古く、アメリカのゴルフ史にとって最も重要なコースとして知られています。
世界の名コースを決める投票でも常に上位に輝くゴルファーたちの憧れでもあります。

シネコックヒルズ・ゴルフクラブは、アメリカ最初のゴルフ上陸地であったことから、最初に18個のホールを構えるコースとして造成されました。
当初からイギリスの伝統に非常に影響され、コースだけではなくプレー中の服装や振る舞いについても同様だったようです。

1891年には12ホールがプレーできるようになり、翌年には18ホールが完成しました。

クラブハウスも、当時としては大変に珍しく、ロッカールームやシャワー室などが設置されており、グリルルームを使用して食事もできるようになっていたといいます。

当時からそのようなサービスが提供されたことで、エリートたちが集まる高級リゾート地へと変貌を遂げるのにそれほど時間はかかりませんでした。
以来、改修を重ねて1931年に現在のコースレイアウトが完成しました。

全長6,740ヤードという短いコースでは、本来プロのトーナメントには不向きではありますが、各ホールの難易度の高さから幾度もUSオープンの会場にもなってきました。

コースへはニューヨークからも車で行ける便利な距離にあるので、隣接した州からも多くのゴルファーが訪れています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ