ベン・ホーガンを育てた難関コースのコロニアル・カントリークラブ

コロニアル・カントリークラブは、アメリカ合衆国のテキサス州・フォートワースにある名門ゴルフ場です。
一流のプレイヤーであるベン・ホーガンが最初にゴルフを始めたコースとしても、多くの人に知られているゴルフ場です。
とてもタイトなコースであり、また各ホール共に充分な距離があり、正確なショットが打てるロングヒッターでなければ良いスコアは決して出ないとされている難コースです。

全長7,100ヤードの長いコースで、ロングホールはたった2ホールしかありません。
しかも、インコースはウォーターハザードが点在しており、戦略的なホールが続きます。

このゴルフ場の攻略方法はたった一つ、フェアウェイのセンターを狙うことしかありません。
ベン・ホーガンが若くして世界のトッププレーヤーとして活躍できたのは、ここコロニアルのお蔭だとも言われています。

「このコロニアルに比べれば、世界中のコースはとてもやさしい」と言われるコースは、攻めることよりも正確なショットが成功のカギとなるのです。

ただし、ここのコースレコードは61ストロークであると言うことも理解しておかなければならないでしょう。
16番の188ヤードのショートホールは非常に正確なショットが必要とされるホールです。

クラブハウス下にあるグリーンの手前には、せり出したウォーターハザードがあり、しかもバンカーがグリーン両サイドにあります。

アイアンショットの正確性を見るためだけではなく、応援の視線をクラブハウスから受けているため、最高のショットをお披露目したいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ