ロイヤル・メルボルンはオーストラリアでもっとも歴史ある名門コース

ロイヤル・メルボルンゴルフクラブは、オーストラリアにおいてもっとも歴史のある名門ゴルフ場の一つです。
オーストラリアのコースランキングでは1位、ワールドランキング13位の人気を誇ります。
当初のロイヤルメルボルンゴルフクラブはセントアンドリュース出身のトーマス・フィンレーとデビッド・コナチャーにより設計され1891年にオープンしました。

しかし、ゴルフ場周辺の住宅化のため10年後の1901年には新たにサンドリンガムゴルフクラブ周辺に移動して新たなコースをオープンさせます。

その後、1905年には時の女王であったビクトリアよって“ロイヤル”の名を冠することが認められましたが、その後も、サンドリンガム区域の開発は更に続けられたため、クラブハウスの移動とコースの新設への動きとなり、1926年アリスター・マッケンジーが新しいゴルフ場の設計者として選ばれました。

現在のウェストコースはアリスター・マッケンジーの設計により1931年に近代的なコースとして生まれ変わった、という長い歴史があります。

ゴルフ場は、多くのバンカーが配置され、戦略性が求められます。

州内には約390を超えるゴルフ場が点在するビクトリア州には、正統派英国スタイルといわれるプレーができる名門コースが多く存在し、近年にはスパや豪華なホテルが併設されたリゾートの人気が非常に高まってきています。

メルボルン市内から車で約30分の距離にあり、とても便利です。

バンカーの配置がとても素晴らしい戦略性が求められるウェストコースと、林の中を通り抜ける風がミックスされたイーストコースの2つです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ