ファレステルボはスウェーデンにある古典的なリンクスコース

ファレステルボ・ゴルフクラブは、スウェーデン・ファレステルボにあるバルト海とエーレ海峡の半島の先端にある一流のコースです。
古典的なコースであり、ヨーロッパのリンクスコースとしては最も優れたコースと言われています。
海岸線にできた砂丘の上にラフがあるので、ラフに入るよりも砂丘の中にボールが入ってしまった場合の方が難しいショットを要求されます。

特にショートホールの11番は、三方向がフロンメン沼の水に囲まれており、前方から橋を渡ってグリーンに入る名物ホールです。
グリーン上では突然右から左に突風が吹くため、グリーンオンかハザードのどちらかとなるとても難度の高いホールです。

俗に「呪いの水」と言われる沼に架かる橋を渡るときには、ぜひともバーディトライのパターをもって渡りたいと言われています。

ファレステルボの各ホールの愛称は、英語とスウェーデンが混じっている名前がつけられているのが特徴でもあり、特に5番ホールの「シカゴ」は、この地方にギャングがはびこっていたため、バンカーで固められたグリーンは「危険がいっぱいある」との意味で名付けられたと噂があります。

注意しなくてはいけないのは、スウェーデンはヤード表記していません。

表示はすべてメートルですので、普段より使い慣れているメートルをヤードに置き換えないとクラブの選択ができないため、不自由さがあります。

スウェーデンでは、ティーグランドでまずは距離の置き換え作業に追われることに間違いありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ