沢山の桜や花木が四季折々において出迎えてくれるチェリーヒルズ

チェリーヒルズを日本語に訳すとサクランボの咲く丘という意味になりますが、兵庫県三木市にあるこのゴルフコースにおいては、全国から取り寄せた八重・しだれ・吉野といった桜が約20種類15000本程ゴルフ場に入る入り口からクラブハウスに行くまでの間約1キロにわたって桜並木道となっており、他にも四季折々において様々な花や植物が咲き乱れながら、お客様を出迎えてくれます。

全部で3コースの27ホールから構成されたこのコースは、ゴルフコース設計者としては、世界的に名高いロバート・トレント・ジョーンズJr氏が設計を手掛けたゴルフ場のために、一年を通して人気の高いコースでもあります。

料金についてもお一人1万円前後で楽しめるということも人気の秘密となっています。

ジョーンズJr氏というと、池やバンカー・狭いフェアウェイなどゴルフプレイ者にとっては、強烈なコース設計のイメージが強いかもしれませんが、どのホールも比較的広めのフェアウェイや表面がフラットなホールが多いために、シニアや女性の方でも楽しめるゴルフ場となっています。

ただし、一見易しそうなホールに見えても、そこは百戦錬磨の経験を持たれた名匠の理念に基づいた設計でもあるために、そう容易く単調に終わることはなく戦略性も高く、ゴルフの奥深さを感じさせてくれるという飽きのこない面白さもあります。

その他にも、2100坪からなるデラックスなクラブハウスは、外壁がレンガ風のタイル張りとなっているために重厚感を感じることができ、内装においても格調高い装飾やインテリア、広めのスペースは、ゆっくりと寛いで頂けるラグジュアリーな空間を演出しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ