数多くの全英オープンが開催された名門コースのミュアフィールド

ミュアフィールドのゴルフクラブという名で有名な、オナラブルカンパニーオブエジンバラゴルファーズは、世界で一番古いクラブの1つとされ、1744年にさかのぼる一番初期のゴルフルールブックが作り出されたクラブでもあります。
しかし、このクラブがミュアフィールドに本拠地を置いたのは、比較的最近の出来事であり、現在のコースを開設して、マッセルバラ近くのリンクスからクラブの拠点を移したのは1891年のことになります。

1年後の1892年、この地でこれまでに15回開催された全英オープンの1回目が開催され、わずか3人しかいなかったアマチュアの1人である、ハロルド・ヒルトン選手が優勝杯である「クラレットジャグ」を手に入れるのでした。

このコースがゴルファーに高く評価されているのは、全英オープンの開催地として久しく検証されてきたことに加えて、リンクスコース特有の変則的なバウンドや、目に見えない障害がとても少ないことにもあります。

反対の方向に周回する9ホールの2つのサーキットがあり、後半の9ホールは前半の9ホールの内側を今までと逆向きに周回することで、ゴルファーが2つの連続するホールで同じ風向きに決して対面しないような工夫もされています。

ジャック・ニクラウス選手は、このコースを評して「見えたものが、その通りになる」と語っています。

レイアウトの良さが関係しているかは定かではありませんが、ミュアフィールドでは、前世紀のゴルフ名鑑にのるような偉大なプレイヤーが驚きの記録を残していることも事実であり、エルス、ファルド、ワトソン、ニクラウス、プレーヤーなどの名前を挙げることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:世界のゴルフ場

このページの先頭へ