試合開始の大切なポイント、ティーインググラウンドとは?

ティーインググラウンドとは、ホールのスタート地点のことを表します。
最初にストロークする場所のことですね。
ティーインググラウンドは長方形で、ゴルフクラブ2本分の奥行きを確保することが定められています。
ティーショットはこちらで打つことになるのですが、何よりそれぞれのホールで最初のストロークになりますので、緊張するのはもちろん、かなり集中したいところです。

他のプレイヤーの邪魔にならないように気をつけましょう。
この場所は、ホールごとに存在します。

ホールの形状が違いますので、同じ一打目でもアプローチの方法はホールによってさまざまです。
このティーインググラウンドについても、ゴルフ規則で細かなルールが定められています。

例えば、ティーマーカーよりも前でストロークしてしまったときは、ツーペナルティが課せられます。
また、区域内から打ち直さないと失格となってしまいますので注意してください。

1打目で失格となってしまっては参加した意味がありません。

また、ティーショットで空振ってしまった上にティーからボールが落ちてコロコロと転がってしまった場合でも、れっきとした1打目になりますので、球を拾い上げて打ち直しを行ってはいけません。

その場合は拾い上げ行為でツーペナルティが課せられてしまいます。

ちなみに2打目とはなってしまいますが、ティーショットで前述のチョロをしてしまったときは、ティーをよけて2打目を打つことにペナルティは課せられません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ