ゴルフにおいて大切なポイント!「スタンス」について

スタンスとは、一言で言うと姿勢です。
ボールを打つ際の体の姿勢、とりわけ足の事を指して居ます。
この姿勢は、ボールの軌道に非常に大きく作用してくるので、まずこのスタンスからゴルフがスタートするといっても過言ではありません。
ではスタンスはどうやって決めるかみてみましょう。

理想は、足の広さを肩幅にする事です。
肩が広げた足にすっぽり入るくらいの足の広げをします。
なので、足の内側が肩の外側にあたるような広さで足を開きます。

通常肩幅って肩の真下に足の中心があるような感覚を皆さんももっていると思います。
ですから、ゴルフの肩幅という場合は通常よりもう少し開くというイメージを持っていてください。

こんなに開くんだという感覚があると思います。
かなりどすこいな感じになりますが、それくらい足を開いてどっしりしないと、クラブを振り切った時にクラブヘッドが安定しないのです。

この姿勢をしっかりしたものにする秘訣は、どっしり構える事です。
最初から遠くにボールを飛ばそうとせず、まずは外さないようにイメージし、飛ばしたい方向に体を直角にします。

そうする事で飛ばしたい方向に向かってまっすぐボールが飛んでいきます。
ゴルフレッスンなどに出かけると、姿勢についてかなり細かく指導を受けることが多いかと思います。

それほどにスコアを大きく左右するものになりますので、変にクセなどがついてしまう前にしっかりと基本をマスターし、順調にスコアを伸ばしていきたいですね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ