いろいろな意味がある単語、ゴルフにおける「サイド」とは?

ゴルフ用語では、マッチプレーなどで複数人でプレーする場合、1人のプレーヤー、もしくは互いにパートナーである複数人のチームをこのようによぶことがあります。
よくゴルフ場の名前で「シーサイドゴルフ」などありますが、これは全く無関係ですのであしからず。
これだけだとあまりピンとこないかもしれませんね。
もう少し説明します。

ゴルフではマッチプレーというものがあります。
マッチプレーとは複数のサイド(1人ないし複数人)で一緒にプレーし、1ホールごとに勝敗を決めていくプレー方式です。

すべてのホールでのプレーが終わった時、どちらのチームが勝ったホールが多いかで勝敗が決まります。
そのためフルの18ホール終わった際に同点というもあり得ます。

その場合はサドンデスとして1ホールずつ勝負を決めていきます。
サイドとはそのプレー方式の一つのチームを指す言葉です。

みなさんがよく正月などにテレビでゴルフを見るとき、このマッチプレーをよく見ると思います。
一つのチームが交互にボールを打ってカップに入れるのがそれですね。

ホールごとに勝敗のマルバツがついていたりするので分かりやすいと思います。
あとはゴルフのゲームで対戦式のものはマッチプレーが多いようです。

みんなが集まってゴルフゲームをするのは楽しいですよね。
実際にホールに出ると結構費用がかかってしまいますが、ゲームだとプレー費ゼロですから、まずは慣れる為に楽しんでみるのも良いでしょう。

ゴルフには様々な用語やプレー方式があります。
皆さんもこの機会に是非いろいろ覚えて活用してみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ