少し複雑なルールがある「暫定球」とはなんのこと?

暫定球とは、打った球がOBになったか紛失球になったかわからない場合に、暫定的にもう1回打つ球のことをいいます。
この場合、これからこの球を打つということを同伴競技者に宣言しなければなりません。
打ったあと、先に打った球がOBや紛失球ではなかった場合は、先に打った球でプレーを続行します。

OBだった場合には、ペナルティを課した後、暫定球でプレーを続行します。
ちなみに、OBや紛失球の可能性がある場合は、2打目の球を打つことも可能です。

判断が難しいケースとして、ロングホールで打った球がOBの可能性があったため暫定球を打ったとします。
その後現地に行ったら、先に打ったボールがカート道路で見つかった場合、先に打った球を使ってプレーを続行してよいのか、というと、答えはNGです。

まずOB方面に飛んだ球が見つからなかったのであれば、紛失球の扱いになります。
ルール上は紛失球でもOBでもペナルティは同じです。

このケースの場合は、球を探しても見つからなかったため暫定球を打っているという判断になり、先に打った球は紛失球となって、プレーを続行することはできません。

先に打った球がウォーターハザードに入ってしまった場合などはその限りではないので、暫定球の扱いにも細かくルールが定められています。

複雑に感じることもあるかと思いますが、プレーの経験を積みながらルールを覚えていきましょう。
ちなみに確実にOBであろうと判断された場合は、ワンペナルティの後に本打としてプレーが続行されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ