救済のニヤレストポイントについて理解していますか?

救済のニヤレストポイントとは、ショット後静止した球が、スイングできないような場所にあるときに救済する際のポイントのことをいいます。
救済のニヤレストポイントの定め方は、その場所からの距離がホールに近づいてしまうことがなく、障害を避けるためのもっとも近いポイントになります。
これについても、ルールに対するかなりの知識が必要になります。
例えば修理地など救済を受けることができる場所にボールが入ってしまったケースで、修理地が円状だとします。

円の真ん中より少しどちらかよりにボールがあった場合、そこからグリーンまでの距離を考えて、よりグリーンに近くないところで、ボールの場所に極力近いところが救済のニヤレストポイントとなります。

ちなみに木が邪魔でアドレスができないという場合に救済を求めるプレイヤーがいらっしゃいますが、木は救済の対象にはなりませんので、通常はペナルティを課した後に別の場所からプレーする形となります。

主にカート道にボールが落ちてしまったときに、これを設定してプレーを続行するというケースが多いです。

その場合も、グリーンからより遠い場所にポイントを設定することになりますが、そのときに人の携帯品に触れてしまうなどの行為があった場合には、その行為ごとにドロップしてプレーを続行します。

救済はスイングのために行われるもので、クラブを傷つけないようにするためのものではありません。
この点を理解して救済を遂行しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ