細かいルールが定められている「球が動く」ことについて

「球が動く」とは、打った球が落ちて安定したあとに、ボールが動いてしまった状態をいいます。
揺れていても最終的に球が移動しなければ、動いたとはみなされないのですが、これにはかなり細かなルールが定められていて、正しく判断するにはかなりの知識が必要とされます。

例えば自分が誤ってボールを動かしてしまった場合は、ワンペナルティで元の場所からプレーしなおします。
局外者がボールを動かしてしまった場合は、ノンペナルティでボールをもとの位置に戻し、プレーを再開します。

風など自然の影響でボールが動いてしまった場合も同様です。
しかし、ボールをマークしようとしたときや、ボールを探しているときに誤って球が動いてしまったときは、例外としてそれぞれに応じた定義が定められています。

ここでいくつかの例を挙げてみましょう。
プレーヤーがアドレスをしているときにうっかり球が動いてしまった場合(初心者のときはありがちです)は、ワンペナルティでもとの位置からプレーしなおします。

またルースインペディメントを取り除こうとしたときに球が動いてしまった場合も、ワンペナルティでもとの位置からプレーしなおします。
しかし、ボールを捜索しているときにプレーヤーが誤ってボールを動かしてしまったときは、ペナルティは課せられません。

マークをしようとしたときも同様です。
なんとなくマークをしようとして球が動いてしまったときはペナルティが課せられるような印象がありますが、そうではないのですね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ