ラテラル・ウォーターハザードってどんなハザード?

ラテラル・ウォーターハザードとは、ホールと平行して位置しているウォーターハザードのことをいいます。
ラテラルとは「側面」という意味があるので、ホールの側面に位置している池や川などのウォーターハザードのことですね。
該当箇所には、赤い杭を打つことでわかりやすく表現されています。

ウォーターハザードに入ってしまった場合は、ウォーターハザードの処置をすることでプレーを続行できます。
例えばティーショットであれば、ワンペナルティを課した後に元の場所から打ち直したり、同じくワンペナルティの後ウォーターハザード区域とピンを結んだ線の後方から打ち直したり、といった処置です。

ラテラル・ウォーターハザードの場合は、地形上そういった処置ができないことが多いので、ラテラル・ウォーターハザード用の処置がとられます。

例えば、ティーショットで該当するハザードに入ってしまった場合、ワンペナルティ後、ハザードから打ち直す、もしくはティーショットから打ち直すことができます。

これは通常のウォーターハザードと同じですね。
ほかに、最後に球がハザードを超えた地点とホールを結んだ延長上で、ハザードの後ろ側にボールをドロップするという処置があります。

この場合、ハザードの後方であれば、どこまで下がっても問題ありません。
この正しい処置を知っていると、ペナルティは課せられてしまいますが、グリーン手前のバンカーを避けて打つことができるなどのメリットもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ