試合中において動いたとみなされる球とはどんな球?

動いたとみなされる球とはどういうことでしょうか。ゴルフ用語の中には「球が動く、球が動かされる」という言葉もあります。それは球が止まっている位置を離れ、他の位置に移動して止まった場合、それは球が「動いた」とみなされるというものです。動いたか動かされたかという細かな言葉の違いの意図することとは一体どういうことなのでしょうか。

球が動いたのか、動かされたかというのは非常に重要なポイントになります。
前者はプレーヤーがアドレスの際などにちょっとした力加減で球が動いてしまったとか、故意ではなかったとしても動く可能性を作ったがゆえに球が動いてしまった時のことをいいます。これはプレーヤーが動かしたという認識となってしまうため、一打として換算されます。

「いや、動かしていない」として元の場所に戻したとしたら、これはペナルティが発生するので気をつけましょう。また「動かされた」球として認識されるものは、例えば突風がふきプレーヤーは何もしていないのに球が動いてしまった場合。これは動かされたという認識になります。動物によって球が運ばれた場合も同様です。

例えばカラスがボールを咥え、木に止まり、そのまま下にボールを落とした。これは動かされた球となります。ペナルティはありませんが、動かされた地点からもう一度プレーを進めます。もしこれをもとに戻すとペナルティとなりますので注意しましょう。

いずれも動いたとみなされる球となります。動いたとみなされる球は位置を変えることなくプレーを行う必要がありますので、決して自分が動かしていないからという理由でもとに戻したりすることがないように気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ルール

このページの先頭へ