リー・ウェンリン選手は1996年のダイキンオーキッドレディスを制した

李ウェン琳と表記されていることもある、リー・ウェンリン選手は台湾省基隆市の女子プロゴルファーです。
1990年代にかけて日本で活躍した選手ではありますが、既に日本女子プロゴルフ協会の会員ではないのか、プロフィールが削除されています。
1965年生まれであり、中興高中卒業が最終学歴なので、この時期にはまだ台湾で生活を行っていたようです。

ゴルフを始めたのは16歳の時と、際立って早いわけではなく、そこからどのようなキャリアを積んで日本にやって来たのかは不明となっています。

プロテストに合格し、日本女子プロゴルフ協会の会員として登録されたのは1993年であり、ゴルフを始めてからおよそ12年後のことです。

この頃から日本のツアーに参加しており、1994年には女子の国内メジャー大会である日本女子オープンゴルフ選手権競技に出場して単独31位を記録しています。

リー・ウェンリン選手の名前を知らしめたのが、1996年に琉球ゴルフ倶楽部で行われたダイキンオーキッドレディスであり、2日目終了時点で首位と5打差がありましたが、大逆転して優勝を果たしました。

1997年の時点で、過去に欧州ツアーに参加したという記述が見られますが、具体的な時期は不明です。
日本のレギュラーツアーで勝利を上げ、生涯獲得賞金も多い選手ですが、1998年以降の記録は殆ど残っていません。

勝利を上げたダイキンオーキッドレディスを振り返る企画などで名前が見られるものの、ゴルフに携わっているのかも不明です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ