記録よりも抜群のプロポーションの方が印象深かったジェーン・ブラロックさん

手足が長く抜群のプロポーションやポニーテールの髪をなびかせながらプレイする姿が、ひと際人目を引くプレイヤーでもあるジェーン・ブラロックさんですが、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州出身の女子プロゴルファーになります。
しかも、「ゴルフに限らず他の全てのスポーツにおいて、あらゆる困難と心理的プレッシャーに耐え抜くファイト溢れる気力がなければ勝者とはなれない。ガッツ・トゥ・ウィン」といったスポーツ選手に向けた名言を残しています。

そんなジェーンさんがゴルフを始めたのは13歳の頃で、20歳になった1965年からニューハンプシャー州で開催されたアマチュア大会で5連勝をしたり、1968年にはニューイングランド・アマチュア大会でも優勝しました。

その後、24歳になった1969年にプロに転向しており、しかも同年には、LPGAルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しています。

プロに転向後の成績については、1970年に初優勝して以来、1980年までに25勝という成績を記録しており、その間299試合出場して1度も予選落ちをしなかったという驚異的な記録です。

1981年からは若手選手の参入により勝てなくなりましたが、ようやく1985年には2勝することができました。

LPGAツアーの通算成績では、27勝というまさに世界ゴルフ殿堂入りに値する記録です。

しかしながら、そうしたシステムが導入されたのはジェーンさんが引退してからのことでもあるので、今のところ未承認状態となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ