メジャー大会を6度に渡って制したベッツィ・キング選手

ベッツィ・キング選手は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の女子プロゴルファーで、1995年にはゴルフ殿堂入りを果たしています。
過去の成績については、メジャー大会を6回に渡って優勝をしたり通算成績でも34勝をするなど、輝かしい成績を残している方です。
そんなキング選手の詳細なゴルフ経歴についてですが、1976年の全米女子オープンでローアマチュアのタイトルを獲得して、その翌年にはプロに転向しました。

プロに転向後も1984年のウィメンズケンパーオープン戦で初優勝をして以来、1989年までの間に20勝をしています。

また1984年と1989年、1993年の3年においては、賞金ランキング1位を獲得しており1995年までの間においても、毎年賞金ランキングの10位以内に入っています。

そして1979年には、6度目のメジャー大会優勝という記録を挙げました。

近年においては、各大会のホストを務めたり、2007年にはスウェーデンハルムスタッドで開催された大会では、アメリカツアーチームの代表選手として、ヨーロッパチームを下して勝利に導いています。

その頃にもなると全米ツアーにも外国人選手が多数参加をするようにもなり、賞金ランキング1位を獲得している数少ないアメリカ選手として数えることができるでしょう。

その他にもキングさんは、慈善活動に深い関心を示しており積極的に参加をして貢献しています。

自らも住宅建設非営利団体ハビタット・フォー・ヒューマニティ・インターナショナルを組織しながら、旧ソビエト圏の国々で孤児救済機関と共に慈善活動も行っているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ