プロゴルファーのニック・プライスは数少ないジンバブエ出身です

ニック・プライス(NickPrice)はジンバブエ出身のプロゴルファーですが、1957年1月28日に南アフリカのダーバンで生まれています。
1990年代を代表するゴルファーのひとりとして知られており、メジャー大会では通算3勝を挙げています。
1993年から2年連続でアメリカPGAツアーの賞金王となり、1994年の世界ランキングにおいては年間最終ランキング1位を獲得していました。

ちなみに、国際試合で24勝、PGAツアーにおいてのメジャー3勝を含む通算18勝が彼の戦歴です。

ニック・プライスは先述のとおり出身地は南アフリカのダーバンですが、8歳の時にジンバブエに家族で引っ越し、ニックがゴルフを始めたのはその後でした。

17歳の時にアメリカのカリフォルニア州サンディエゴに存在する、「トーリー・パインズ・ゴルフクラブ」で開催された「世界ジュニアゴルフ選手権」においては優勝を経験し、20歳でプロの世界へ入っています。

そして、1978年から本格的にヨーロッパツアーに参戦を開始しており、1980年に行われた「キヤノン・ヨーロピアン・マスターズ」において優勝を果たしています。

その後、1983年には「NECワールドシリーズ・オブ・ゴルフ」においてアメリカPGAツアー優勝という輝かしい記録を残しましたが、その後の数年間は低迷期となってしまい、再度ニック・プライスのゴルフが力を取り戻したのは1990年代に入ってからのことでした。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ