トム・レーマンは、1996年のPGAツアーの年間賞金王に輝きました

トム・レーマン(TomLehman)は1959年3月7日、アメリカのミネソタ州オースティンに生まれたプロゴルファーで、1996年の全英オープン、同年にPGAツアーの年間賞金王(賞金ランキング1位)に輝きました。
日本で開催された「カシオ・ワールド・オープン」において優勝した経験があり、国際試合においても勝利成績を残しています。
トム・レーマンは1982年にプロへの道を選択し、PGAツアーの初めての優勝はプロに入ってから12年後の1994年の「メモリアル・トーナメント」でした。

1996年がゴルファーとしての最盛期で、7月の第125回全英オープンでメジャー大会初優勝を飾りましたが、優勝スコアは13アンダーパー(-13271ストローク)で、2位とは2打差をつけています。

この年は年間最終戦の「ザ・ツアー選手権」でも優勝を果たしました。
レーマンはこの試合でPGAツアーの賞金王となることができ、1996年度「年間最優秀選手」にも選ばれています。

1996年度末の世界ランキングでは、グレグ・ノーマンに次いで2位の成績を残し、行われたヨーロッパ選抜チームとアメリカ代表チームによる団体戦「ライダーカップ」においては、レーマンがアメリカ代表のチームキャプテンを務めました。

ちなみにレーマンの優勝記録は1993年から2012年の間に10回を数えていて、優勝はリージョンズ・トラディション、チャールズ・シュワブ・カップ選手権です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ