クレイグ・スタドラー選手の息子ケビン・スタドラーもツアーで活躍中。ゴルフ界の親子鷹

プロゴルファーのクレイグ・スタドラー選手は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に1953年6月2日に生まれました。
身長178cm、体重110kgという体格のいい身体に、口ひげを生やした風貌から、「ウォールラス」(セイウチ)との愛称でゴルフファンからは親しまれており、日本でも知られている有名な名プレイヤーと言えるでしょう。

父親からゴルフのレッスンを受け、サンディエゴのラ・ホヤ高校を卒業し、南カリフォルニア大学の在学中であった1973年に全米アマチュア選手権で優勝を飾りました。

そして、大学を卒業後、1976年にプロに転向しました。
1980年のボブホープデザートクラシックでプロとしての初優勝を飾ります。

1982年のマスターズでダン・ボール選手をプレーオフの末に下し、初のメジャータイトルを制します。
その年には通算4勝をマークし、アメリカの賞金王という輝かしいタイトルを手にしました。

その後も全米ツアーで優勝回数を重ね、通算13勝を挙げています。

日本においても素晴らしいプレーを見せており、1987年のダンロップフェニックストーナメントで優勝を飾ってくれました。
2003年には、B.Cオープンで50歳にしてツアーで勝利を収めています。

日本では名優・勝新太郎氏に似ていることから「勝新」との呼び名で親しまれていたという逸話があります。

現在は、アメリカのチャンピオンズツアーで活躍を続けていますが、アメリカのツアーには、息子であるケビン・スタドラーも参戦し、初優勝を挙げるなど、ゴルフ界の親子鷹として活躍を見せてくれています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ