アティウィット・ジェーンワッタナーノンはタイ出身の若手プロゴルファーでジャズと呼ばれています

アティウィット・ジェーンワッタナーノンは1995年11月26日生まれで、タイのバンコク出身のプロゴルファーで、ジャズ(Jazz)のニックネームで知られています。
母国語のほかに英語を話し、日本語も勉強中で将来を嘱望されているプロゴルファーのひとりです。
アティウィット・ジェーンワッタナーノンは15歳でプロ転向を果たしていますが、ゴルフを始めたのは8歳の時でタイで行われているジュニア大会では10回以上優勝経験を持ち、ドライバーの飛距離は285ヤードまであり、尊敬する選手は石川遼選手とのことです。

2011年のロイヤル・トロフィーにおいて石川遼選手とラウンドした時には、ジャズは石川選手の大ファンであること、17歳になったら日本で挑戦したいと目標を語り、石川選手に激励されました。

将来の夢は、タイを代表するプロゴルファーになってマスターズで優勝することだそうです。

アティウィット・ジェーンワッタナーノンが好きな食べ物は、日本の焼き鳥、から揚げ、ステーキで、趣味は、映画鑑賞、音楽鑑賞と漫画で、日本語と日本の文化を勉強中です。

ここでプロゴルファーに転向してからのラウンドを見ますと、2010年のジュニアオープンゴルフ選手権で来日し、2011年にはJGTO主催のセカンドQTで再来日し、同年 タイ・バンコクのロイヤル・トロフィーのプロアマで石川遼選手と一緒にラウンドし、2011年9月に開催されたJGTO主催・セカンドクオリファイにおいて、16アンダーという好成績で3位通過で、その時はトップとはわずか1打差でした。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ