ファッションブランドでも有名な往年の名プレイヤーであるアーノルド・パーマー選手の人気は今も健在

ゴルフに関心のない人でもアーノルド・パーマーの名は耳にしたことがあるはずです。
アメリカのペンシルバニア州出身で1929年9月10生まれのパーマーは、ヘッドプロなどをしていた父親の影響もあり、幼少期よりゴルフを始め、大学卒業後の1954年に全米アマチュアゴルフ選手権でデビューします。

その後、すぐにプロに転向し、1955年から全米ツアーの参戦をスタートさせ、翌年のカナディアンオープンでプロ初優勝を果たし、1958年にはマスターズ選手権の初優勝も飾るなど、一躍トップスターにのし上がります。

1960年には全米オープン、そして1961年には全英オープンを制するなど、メジャー通算7勝と、ツアーで60を超える優勝回数を誇っているアメリカが誇る名プレイヤーです。

しかし、多くのメジャー大会を制しているパーマー選手ですが、全米プロゴルフ選手権だけはタイトルがなく、惜しくもグランドスラマーになることはできませんでした。

1974年には世界ゴルフ殿堂入りを果たしています。
彼の功績はゴルフだけにとどまらず、商業的な価値を生み出したプロスポーツ選手としても高く評価されています。

その一つには、日本でも傘のマークでお馴染みのファッションブランド「アーノルド・パーマー」としても知られており、日本ではゴルファーの名前と知らずに愛用している若者も多いようです。

ジャック・二クラスとゲーリー・プレーヤーとともにビッグ3と呼ばれ、後輩のプロたちからも崇められる存在のアーノルド・パーマーですが、本国では、ファッションブランドにとどまらず、彼の名前の付いたストリートが全国に点在しているという人気ぶりです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ