アーニー・エルス選手は南アフリカ出身のゴルフの一時代を築いた名選手

アーニー・エルス選手は南アフリカのヨハネスブルグ出身のプロゴルファーです。
1969年10月17日生まれであり、同じ南アフリカ出身の偉人、ゲーリー・プレイヤー選手の後継者と世界も認めた一流選手です。
アーニー選手は、1989年にプロに転向し、1992年には南アフリカツアーで6勝を挙げるなどの大活躍を見せました。

翌年の1993年には、日本で開催されたダンロップ・フェニックス選手権でも優勝を果たすなど、日本における知名度も高い人気選手といえるでしょう。

1994年の全米オープンではメジャー初優勝を成し遂げ、その後1997年に、全米オープンでは3年ぶりとなる2度目の優勝を果たすなどの大活躍を続けます。

2002年の全英オープンでは、プレーオフを制してメジャー大会で5年ぶりとなる3回目の優勝を果たしました。
2012年の全英オープンでは、10年ぶりとなるメジャー大会の優勝を飾るなどの偉業を成し遂げます。

一時期、病気などに苦しみ、しばらくの間試合に出場することができず、第一線から遠ざかっていた時期もありましたが、その後、見事に復活し、再度メジャーを制覇するなど、運だけではない真に実力のあるトッププロとして君臨しています。

通算60回を超える優勝回数を誇り、うち4回はメジャータイトルでの優勝という輝かしい戦歴を残しながら、今もなお第一線で活躍し続けている世界が誇るトッププレイヤーです。

日本でもプレーを見せていて、2001年の太平洋クラブ御殿場コースで開催された世界ゴルフ選手権EMCワールドカップでは、南アフリカ代表として参戦し優勝を飾っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ