日本女子ゴルフ界を代表する大物選手・吉田弓美子さん

吉田弓美子さんは、神奈川県出身で10歳の頃から家族がゴルフをしていたことがきっかけでゴルフを始めました。
とくに父親とは師弟関係にもなっており、横峯さくらさんとよく似た面があります。
しかも、父親のレッスンが実って2009年からプロに転向しています。

吉田さんのこれまでの試合成績については、ゴルフを始めてから4年後の2001年には、関東ジュニア選手権女子12~14歳の部に参加をして、7位の成績を収めています。

そして2002年に出場した関東ジュニア選手権女子12~14歳の部においては、見事に優勝を果たたしています。
その後、翌年開催された関東ジュニア選手権女子15~17歳の部においても優勝をしています。

プロ入り後においても、並みいるプロ選手の中でアマチュア時代のような好成績を収めており、2012年に開催されたマスターズGCレディースでは2位の成績でした。

そして、同年開催のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントでは、見事に優勝を果たしています。

とりわけこのトーナメント戦においては、6ホールに渡るジャン・ウンビとのプレーオフを制した上での悲願のツアー初優勝でもあり、多くのゴルフファンの記憶の中にも焼きついていることでしょう。

その後も吉田さんの快進撃は止むことがなく、2013年に開催されたニチレイレディス・サマンサタバサガールズコレクション・レディーストーナメント・ゴルフ5レディスプロトーナメントといったこれら3大会でいずれも優勝という驚異的な結果をたたき出しており、キャリアハイとなる賞金ランクでは第5位に躍り出ました。

今後の活躍が期待される選手の1人です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ