日本女子ゴルフ専門学校出身である山下久美選手

レギュラーツアーで最高3位を記録した女子プロゴルファー、山下久美選手は1969年生まれ、鹿児島県鹿屋市出身です。
鹿児島県鹿屋高等学校を卒業しており、女子プロゴルファー育成の為に設立された日本女子ゴルフ専門学校に進学しています。
ゴルフを始めたのは専門学校入学と同時期の19歳の時となっています。

1年で専門学校を卒業すると、1993年には蒲生カントリークラブに所属しており、1996年からは高牧カントリークラブに所属することとなりました。

時期は不明ですが吉村金八選手に師事しており、1999年に岐阜県の瑞陵ゴルフ倶楽部で行われたプロテストで合格しています。

同年の大阪女子オープンでレギュラーツアーデビューを果たしており、初年度はツアー対象外のJLPGA新人戦加賀電子カップで15位タイを記録しました。

2000年のシーズンはフリスキー大阪女子オープンの24位タイがレギュラーツアーの最高順位であり、多くの試合に出場しています。

2001年は出場数が減るものの、2002年には持ち直しており、2003年の再春館レディースでは3位タイを記録して賞金ランキングが68位にまで上昇しました。

2005年もレギュラーツアーに多く出場しましたが、この年以降は出場数が少なくなっており、2006年はステップアップツアーを中心に活動しています。
2008年と2009年はトーナメントに参戦しておらず、2010年以降はトーナメントへの出場数が年間に1試合、2試合程度となりました。

2013年のTポイントレディス以降は試合に出場していないものの、引退しているわけではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ