山崎恭子選手は1984年、1985年にツアーに参加し、後にレッスンプロとなった

女子プロゴルファーの山崎恭子選手はツアーにも参戦しつつ、主にレッスンプロとして活動を行っている選手です。
1958年生まれ、三重県松阪市出身の選手であり、ゴルフ以外には陸上競技の経験を持っています。
高校は三重高等学校に進学しており、高校卒業後の20歳の時からゴルフを始めると、およそ5年後の1983年に行われたプロテストで合格しました。

プロ初年度となる1984年の東鳩レディスでレギュラーツアーデビューを果たしており、単独55位を記録すると、同年の週刊女性・JUNON女子オープンで34位タイ、スタンレーレディスで40位タイという成績を残しています。

ツアー対象外のミズノプロ新人でも3位タイという好記録を残していますが、他のレギュラーツアーは予選落ちに終わっており、この年の賞金ランキングは98位でした。

1985年はレギュラーツアーの3試合に出場しており、三菱電機ファンタスレディスで36位タイを記録しましたが、中京テレビ・ブリヂストンレディスとキヤノンクイーンズは予選落ちとなっています。

賞金を獲得したトーナメントが1試合だけだったので、賞金ランキング123位で1985年のシーズンを終えました。
そして1985年を最後にツアーには出場しておらず、賞金ランキングは1984年の98位が最高です。

ティーチングプロフェッショナル資格A級を取得しており、大阪府吹田市の江坂ゴルフセンターでレッスンプロとして活動を行っています。

スクールレッスンは行っていませんが、個人レッスンを受けることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ