八代照子選手は左利きであり、左利きゴルファーが集う世界大会で優勝した

非常に珍しい、左利きの女子ゴルファーが八代照子選手です。
日本女子プロゴルフ協会の会員にはなっていない為、詳細なプロフィールが分かっておらず、生年月日についても不明となっています。
青山学院初等部に通っており、青山学院大学に進学すると1965年には青山学院大学文学部の教育学科を卒業しました。

大学時代にはテニス部に所属していたようですが、大学時代にゴルフを始めていたのかは不明です。
その後の経緯については記録が残っておらず、どのようにゴルフと関わっていたのか分かっていません。

日本女子プロゴルフ協会主催のプロテストなどに参加したことがあるのかも不明ですが、プロになっていないのは確かです。

過去についてはほとんど分かっていない八代照子選手の名前が知られるようになったのは、ニュージーランドのクィーンズタウンで行われた第18回世界レフティゴルフ選手権ニュージーランド大会がきっかけです。

左利きのゴルファーが集うこの大会で、八代照子選手はレディス部門を制し、日本人として初の快挙を成し遂げました。

翌2009年に行われた第19回世界レフティゴルフ選手権スウェーデン大会2009のレディス部門でも準優勝という記録を打ち立てています。

しかし、その後の活躍や実績については全く分かっておらず、2010年以降の動向は不明です。
日本レフティゴルフ協会に所属していた可能性が高いものの、大会優勝時の記事は残っておらず、左利きだという特徴を持ちます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ