八王子のゴルフ女王村田幸江プロのゴルフ人生の軌跡

埼玉県出身の村田幸江プロは、1980年代に活躍した女子プロゴルファーです。
1950年に生まれた彼女は、まだ女子プロゴルフが昨今ほど盛んではない時代を支えた、ベテランプレイヤーとして知られています。
彼女は24歳の時に初めてゴルフクラブを握り、ゴルフの世界に飛び込みます。

ゴルフのいろはをその身で覚えるまでは試行錯誤の繰り返しをしましたが、徐々にゴルフの魅力に取りつかれ、菅野猛プロの下でその技術に磨きをかけていきました。

鈴木猛プロの厳しくも、優しさに溢れるレッスンに感銘を受けつつ、みるみるうちに技術を吸収していきます。
ドライバーを得意とし、培った基礎力を武器に、1978年に念願のプロ試験に合格しました。

それは師匠の鈴木猛プロとともに勝ち取った勲章です。

その後は多くのトーナメント試合で実践力を積んでいき、1982年の日本女子オープンゴルフ選手権競技で30位タイ、翌年の広島女子オープンゴルフトーナメントでは5位タイを記録しました。

1980年代に多くのトーナメント大会に出場し、賞金を稼いできました。
生涯獲得賞金は37,412,991円で、261位を記録しました。

その後は現役生活から退き、ティーチングプロフェッショナルA級の資格を修得し、自身が所属するGMG八王子、そしてエースガーデン八王子でコーチとして活躍しています。

スクールだけでなく、個別レッスンも請け負っており、彼女の優しく基礎を大切にした指導を受けるため、遠く都内から通っている生徒もいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ