ホールインワン経験5回の三沢英子は現在ではレッスンも受け持つ

福井県坂井郡出身のベテランのプロ・三沢英子氏といえば、何といってもホールインワンでしょう。
全プロアマを通じても、経験しないことの方が多数派のホールインワンを、彼女は5回も記録しているのです。
日本ではホールインワンが出ると、そのお祝いとして、キャディやコースへの記念品・記念植樹、参加者全員への記念品贈呈といった何らかの「宴」の文化が定着しており、損害保険会社のゴルファー保険でホールインワン時の出費費用を保険金として支払う規定もあるなど、多角的に特別視されるほどです。

三沢氏は18歳でゴルフを始めるまではバスケット選手として活躍していましたが、インドア・アウトドアに幅広く精通しており、興味に対し積極的に努力をするのが彼女の特徴で、1983年からプロ協会登録を行い、以降プレーヤーとして活躍し、富士通レディース、CHIYODAレディースゴルフトーナメントといった通常の試合から、中部女子プロシニア・アマチャリティーゴルフといったイベント系まで幅広く参戦しています。

近年では後輩指導でレッスン業も営んでおり、福井県福井市内のゴルフセンターで、一般・ジュニアそれぞれを対象として、個人・スクール・ラウンドレッスンを広く指導しています。

三沢氏はサンドウェッジを得意としており、バンカーショットが苦手な生徒には特に心強く、指導は好評です。

ホールインワン経験から、バンカーショットまで、ゴルフの「魅せ場」に精通する三沢英子氏は、福井の地から次世代の魅せ場で魅せる人を今日も育成しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ