京都が生んだサンドウェッジの女王文平京恵プロ

同志社大学で学んだ才女、文平京恵は1966年京都府生まれで、14歳の時からゴルフクラブを握り始めました。
その類まれな才能で、瞬く間に技術を身に付け、大学時代ゴルフ部では大活躍を収めたのです。
関西インカレなどの関西県トーナメント大会で多くの優勝をさらい、文平京恵の名を知らしめました。

大学卒業後もさらに技術に磨きを掛け、1989年には晴れてプロ試験に合格を果たすのです。
戸田藤一郎プロに師事しながら基礎技術に磨きをかけ、プロ入り後は数々のトーナメント大会に出場を果たし、好成績を収めてきました。

1992年の紀文レディースクラシック、ヤマハカップレディスオープンではそれぞれ12位、13位タイの結果でした。

その後も再春館レディース、廣済堂レディスゴルフカップなどで活躍し、1997年のTaKaRa WORLD INVITATIONALでは3位タイにつけました。

1990年から1997年の間に多くの賞金を稼ぎ出し、生涯獲得賞金は28,787,617円となり、295位です。
しかし1998年の試合を最後に、ケガでツアー参戦から一戦を退いています。

彼女のダイナミックなスイングをみる機会が無くなったことは多くの人が悔やんだことでしょう。

しかし引退後は、これからの女子ゴルファー育成に力を入れており、京都市内のゴルフクラブでは、その熱血した指導を受けられるでしょう。
現在の彼女を拝む機会はほとんどないため、ファンにとっては少々寂しいものとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ