服部道子は有名女子プロゴルファーとして国内外で知られている

服部道子選手は、女子プロゴルファーとしてはあまりに有名な選手といえるでしょう。
優勝経験も18回を数える選手ですが、1991年に63期生として日本女子プロゴルフ協会に入会しています。
1968年に愛知県で生まれ、テキサス大学オースチン校を卒業しています。

11歳からゴルフをはじめて、23歳でプロとしてデビューしていて、現在所属はフリーであり、契約している企業はボールがタイトリストです。
以前は陸上をしていたということもあり、足腰が鍛えられているので安定感のあるスイングをすることができます。

国内優勝が18回あるという時点で、服部道子選手が超一流プロゴルファーであることが証明されているでしょう。

まず、2005年にスタジオアリアス、2004年に富士通レディース、2003年に、日本女子オープンゴルフ選手権競技、1999年に富士通レディース、1998年に伊藤園、再春館レディス、那須小川レディス、1997年にミヤギテレビ杯、五洋建設レディス、1994年に日本女子オープン、雪印レディス、1993年にはイトーキクラシック、東海クラシック雪印レディースの各大会で優勝しました。

デビューした1991年から200万円を超える賞金を獲得し、1992年にはその金額を10倍以上にも広げる4000万円近い賞金をすでに獲得しています。

非常に才能に溢れており、今後どんな成長をするのか誰もが楽しみにしていましたが、期待通りの選手に成長し、1998年には8100万円もの賞金を獲得し、賞金女王に輝きました。

現在は主な大会には出てはいません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ