長谷川三恵プロはレッスンを通じて指導をしている

長谷川三恵選手は、1996年に68期生として日本女子プロゴルフ協会に入会することにより、プロの道を歩むことになりました。
1970年に石川県で生まれ、岐阜にある日本女子ゴルフ専門学校を卒業しています。
その学校からゴルフを始めたので、19歳のことです。

そこから26歳にかけて練習を続けて、テストに合格し晴れてプロになることができたのです。
現在はトーナメントなどには参加せずに、レッスンを通じて指導をするなど育成に力を入れています。

所属はフリーで、契約している企業はありません。

主な戦歴は、2003年にマンシングウェアレディース東海クラシックで予選落ち、STEPUPではSANKYOレディースカップで74位タイ、穴吹工務店カップで48位タイに入るなどの成績を収めています。

1996年にデビューしましたが、その年は強敵が多く出現するときでしたから、中々トーナメントに参加できませんでした。

翌年は少しずつ実力をつけてきたということもあり、トーナメントに参加できましたが、予選落ちが相次ぎあまり良い結果とはいえないでしょう。

その後も順調に大会には出るのですが、予選落ちが相次ぎ、2003年を最後に大会に出場していません。
その代りに現在はレッスンを通じて指導をしており、現在は、ゼビオスポーツ金沢ベイ店でレッスンを開始していて、一般の人向けです。

形態は個人となっており、指導の仕方が上手だと評判が良いのが特徴であり、今後もゴルフの発展と知名度アップに全力で取り組んでいくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ