野呂奈津子はさなげCCに所属するゴルファーとして人気

野呂奈津子選手は1991年に63期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロとしてスタートすることになりました。
1965年に愛知県で生まれ、名古屋商科大学を卒業しています。
26歳でプロになったということで、そこまで早い時期という訳ではありません。

現在は、さなげCCに所属しており、契約している企業は、ボールとシューズがブリヂストンです。

契約ができているということは、それだけ実績がある選手でなければ結ぶことがありませんので、これだけを見ても偉大な選手であることが分かるでしょう。

主な戦歴としては1999年のヨネックスレディスオープン、1998年の日本女子オープン、1995年のミヤギテレビ杯女子オープンでいずれも優勝を飾っています。

また、レジェンスですが2010年にふくやカップ2010マダムオープンでも優勝を飾るなど、年齢を感じさせないパフォーマンスが魅力的な選手です。

この他にも、1998年のリゾートトラスト、健勝苑レディス・道後、1997年の樋口久子・紀文クラシック、1996年ミズノレディース、1995年、大王製紙エリエール女子オープン、1994年、リゾートトラストクリナップレディスでともに2位でした。

優勝や2位という成績が非常に多く、どんな大会でもコンスタンスに勝ちあがっている姿に、ファンの多くが魅了されたことでしょう。

常に1千万円を超える賞金を獲得しており、生涯獲得賞金は2億を超えています。
億越えプレーヤーはそこまで多くはありませんから、この成績だけでも素晴らしい選手であることが理解できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ