野上千江里は現在はコーチとして活躍している

野上千江里選手は1992年にデビューした時は、主なゴルフ大会に出られず、プロの洗礼を浴びることとなりました。
1961年に東京都で生まれ、東京家政大学短期大学部栄養科を卒業しており、趣味はガーデニングです。
現在はワールドフィナンシャルに所属していて、契約している企業はいません。

選手として大会などには参加せずに、ティーチングプロフェッショナル資格A級を保持しているので、レッスンを開催し、一般の人に向けてのゴルフ指導をしています。

1992年に64期生として日本女子プロゴルフ協会に入会し、プロとしての道を歩み始めますが、翌年からは調子を上げてきて、1993年には大会に出場する機会を何度か貰っています。

これは日頃のたゆまぬ努力の結果であり、先輩などに練習をしっかりと見てもらい当日の大会に挑みましたが、まだまだプロの壁は厚く予選で敗退することがほとんどでした。

結果的に賞金を獲得できずに、1993年は終了します。
1994年から1997年にかけても、度々大会に出場する機会を得るのですが、自分の実力を出し切れずに予選で敗退することが多くありました。

その後は大会に出場する機会を減らし、次第にコーチをするために資格を取ることに専念します。

そして、現在はレッスンを開催して、一般やジュニア向けにゴルフ指導をすると共に、プロとして第一線で活躍したことを活かして、ゴルフの魅力や素晴らしさを多くの人に伝える活動などを積極的にしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ