中野充子の、継続は力なりを証明するプロ人生

中野充子プロが生まれたのは山梨県富士吉田市でした。
出身は山梨県立吉田商業高等学校となり、ゴルフを始める前はバスケットボールで汗を流しておりました。
中野プロがゴルフを始めたのは10代後半の時でした。
日本女子プロゴルフ協会に加入したのは1980年であり、この時点で中野プロは23歳だったのです。

プロ選手として本格的な活動を始め、1984年には18試合ものメジャーツアーに参戦し、年間の獲得賞金は180万円を越えることになります。
東北クイーンズや、キヤノンクイーンズ、OKINAWA牧自レディースといった主要大会で上位成績をおさめたのです。

1985年を境として一線から退き、ティーチングプロフェッショナル資格のA級ライセンスを取得し、ゴルフのレッスンプロとして舞台を移すことになります。今は一般の生徒さんから、スクールで通うベテランまで幅広く人気を博しています。

どんな生徒さんにもやさしく、楽しく、シンプルにプレイすることの大切さを伝えており、多くの人にゴルフの楽しみや奥深さを伝えております。

中野プロの指導は、初心者から競技志向の上級者まで、性別や年齢を問わず人気を博しています。
生徒の体型や筋肉、運動神経などに合わせた指導をしてくれますので、様々な方から人気です。

どんな方にも練習あるのみ、継続は力なりと教えており、継続していくことの大切を重視しています。

2014年現在、中野充子プロのレッスンを神奈川県藤沢市にあるHONMAゴルフスクール藤沢店にて受けることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ