神奈川県川崎市生まれの女子プロゴルファー中西一恵

中西一恵プロは2014年現在、フリーの女子プロゴルファーとして活動しております。
中西プロは1967年、神奈川県川崎市にて生まれました。
川崎高等学校を卒業し、18歳の時にゴルフを始めました。
それまではソフトボールやスキー、サーフィンなどのスポーツに取り組んでいました。

中西プロが生まれた神奈川県には、海から山まで様々なスポーツが楽しめる土壌が整っています。
数々のスポーツで培った経験を活かし、中西プロはプロゴルファーの道を目指して歩き始めることになります。

男子プロゴルファーの寺下郁夫プロを師と仰ぎ、厳しいレッスンを過ごす日々が続きます。
やがて得意クラブとなるパターの技術が向上し、1992年に女子プロゴルファーとしてデビューすることになりました。

第64期生として日本女子プロゴルフ協会に加入します。
最初に挑んだ大会は、ミズノプロ新人トーナメントでした。

この大会で18位という好成績を残します。
翌年のステップアップツアーであるコカ コーラカップでは賞金獲得を逃すものの、レギュラートーナメントの参加権を手にすることになります。

続いて出場したミヤギテレビ杯女子オープンとダンロップレディスでは、残念ながら入賞を逃し、予選落ちとなってしまいました。
翌年のステップアップツアーにて、再びレギュラーツアーへの挑戦を目指しますが、惜しくもどれも入賞することはできませんでした。

その後、中西プロはご結婚され、3人の子供を授かることになります。
とても家族や子供を大切にしており、趣味は子供と遊ぶことと、家族でスキーに行くことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:プロゴルファー

このページの先頭へ